徳島のおすすめ注文住宅ガイド » こだわりで建てる!注文住宅家作りガイド » 自然素材で建てる一戸建て

自然素材で建てる一戸建て

このページでは、一戸建てを建てる際、自然素材で建てるとどんなメリット・デメリットがあるのかをまとめています。

一戸建てに自然素材を使うメリット

1.健康にやさしい

自然素材を利用する一番のメリットといえば、やはり健康にやさしいという点です。 近年、シックハウス症候群や化学物質過敏症といった病気に悩む人が増加しています。その原因とされる有害物質を含まない自然素材を使うことで、それらの病気に対する心配は少なくなり、免疫力の低いお子さんやお年寄りでも安心して暮らすことができます。

2.調湿効果が高い

日本の気候は夏は湿気が多く冬は乾燥するなど、一年を通して湿度の変化が激しいため、体調を維持するためにも室内の湿度調節が必須です。 無垢材や珪藻土といった自然素材は室内を快適な湿度に維持してくれますので、エアコンだけに頼る必要がなくなり、結果的に経済的な効果ももたらしてくれます。 また、無垢材は断熱性・保温性にも優れており、適材適所で自然素材を用いることで、より快適な住空間となることでしょう。

3.ヒーリング効果が期待できる

自宅でリラックスする方法として、例えばアロマテラピーなどがあるかと思いますが、自然素材に包まれた空間には、木のぬくもりや香りなど、それだけでくつろぎ・落ち着きをもたらすヒーリング効果が期待できます。

4.環境への配慮

例えば国産の自然素材が多く使われることで、海外からの輸送にかかるエネルギーを削減できますし、省エネ効果の高い素材を使った家なら、光熱費を抑えることにつながり、環境面でもメリットがあるといえます。

一戸建てに自然素材を使うデメリット

1.手間がかかるためコストが高くなる

大量生産できる工業製品とは異なり、自然素材は伐採から加工までを人の手で行なうことになりますので、手間と時間がかかる分だけ材料費は割高になります。

2.乾燥によってヒビやねじれが起こる

無垢材の場合、乾燥すると徐々に反ってきたり、ヒビやねじれが生じる場合があります。ただし、あらかじめ乾燥させたものを使うことでこういったトラブルはある程度防ぐことができます。 同様に、珪藻土も乾燥によって収縮してしまい、ヒビが入ることがあります。

3.素材によって色や模様にばらつきがある

均一に製造された工業製品とは異なり、自然素材はひとつひとつ色や木目などの模様が違っています。また、時が経つにつれていわゆる経年劣化が起こりますが、色の変化は自然素材ならではの味わいともいえます。

まとめ

一戸建てに自然素材を用いるメリット・デメリットをまとめると、以下のようになります。

メリット

  1. 有害物質を含まない自然素材を使うことで、病気に対する心配は少なくなる。
  2. 調湿効果が高く、室内を快適な湿度に維持してくれる。
  3. 木のぬくもりや香りなどによるヒーリング効果が期待できる。
  4. 輸送費や光熱費を抑えることにつながり、無駄なエネルギーを削減できる。

デメリット

  1. 伐採から加工までを人の手で行なうため、材料費は割高になる。
  2. 乾燥すると徐々に反ってきたり、ヒビやねじれが生じる場合がある。
  3. ひとつひとつ色や木目などの模様が違うなど、ばらつきがある。

多少コストは高くなるかもしれませんが、長く住み続けることを考慮した場合、健康への影響などメリットの方が多いといえます。 より快適な住まいをつくりたいとお考えであれば、自然素材の使用をぜひ検討してみてください。

自然素材にこだわって
注文住宅を建てる
おすすめの建築会社はこちら

自慢したくなる注文住宅を建てるなら!こだわり別おすすめ建築会社3選

徳島のおすすめ注文住宅会社を
もっと詳しく見る