徳島のおすすめ注文住宅ガイド » こだわりで建てる!注文住宅家作りガイド » 工法で建てる一戸建て

工法で建てる一戸建て

一戸建てといっても、その家を建てるための工法にはさまざまな方法があります。こちらで主な住宅工法をまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

木造軸組工法

文字通り木材を用いた工法で、「在来工法」とも呼ばれています。木造建築の住宅で用いられている工法として、こちらをイメージする方が多いことでしょう。

日本で古くから用いられてきた木工法を現代の住宅建築に合うように発展させた工法です。

柱と梁によって住宅を支えていることが特徴となっています。

基礎はコンクリートで固め、そこに柱と梁を汲みわせていくスタイルが一般的です。フレーム上の骨組みをつくりながら、壁や屋根などの取り付けを行っていきます。

この方法は古くから採り入れられてきた工法ではありますが、使用する木材の特徴などを知り尽くしている職人が携わるかどうかで住宅の質が変わってくる子法でもあります。

メリット

断熱性や調湿性が高いので、夏は涼しく冬は寒い日本に適している工法といえるでしょう。カビの発生も抑制してくれます。

木材を使用しているので材料費を抑えることができ、工期も比較的短くできるというメリットもあります。

デメリット

耐震性を上げるため、壁の筋交いや柱などを設置する部分が多くなります。

それにより間取りが小さくなる傾向が高く、広い空間を希望する方には向いていないことがほとんどです。

鉄骨工法

住宅を建てる際に、メインとなる部分に鉄骨を用いる方法を指し、鉄骨の熱さによって「軽量鉄骨造」「重量鉄骨造」に分かれます。

一戸建てで主に採用されているのは、厚さが6mm以下の同伴で造られる鉄骨を用いた「軽量鉄骨造」です。

住宅会社が鉄骨工法を用いている場合は、軽量鉄骨造を指していると考えて良いでしょう。

材料に鉄骨を用いているので強度が高いのが特徴。柱を設けない大空間を造る場合にも鉄骨工法が向いています。

メリット

建物のメインとなる部分に鉄骨を用いるため、木造住宅に比べて強度が高くなります。柱の数を減らすことが可能なので、広いリビングや吹き抜けなど、空間を大きく取りたい方に向いています。

住宅建築に使用する鉄骨は工場で生産されているため、建築会社やハウスメーカーごとに品質のブレが起きることがほとんどありません。

デメリット

木造住宅よりも工事費が高くなり、工期も長くなりやすい点が挙げられるでしょう。

鉄骨を用いているため、リフォームや間取りの変更・増改築を行う際にも、木造住宅よりコストがかかりやすくなります。

建てたい家のイメージから工法を選ぼう

どの住宅工法を選ぶかどうかは、どんな家を建てたいかをまずイメージしてから選ぶと良いでしょう。

メリット・デメリットも考慮したうえで、工法を選定することをお勧めします。

自慢したくなる注文住宅を建てるなら!こだわり別おすすめ建築会社3選

徳島のおすすめ注文住宅会社を
もっと詳しく見る