徳島のおすすめ注文住宅ガイド » こだわりで建てる!注文住宅家作りガイド » 外観(デザイン)で建てる一戸建て

外観(デザイン)で建てる一戸建て

このページでは、外観デザインを重視して一戸建てを建てるメリット・デメリットをまとめています。

 外観重視で一戸建てを建てるメリット

1.他にはないオリジナルの家がつくれる

外観デザインといえば、シンプルモダン・和モダン・欧風・純和風など様々あり、住宅地など家が多く立ち並ぶばところでは外観が似通ってしまう可能性を否定できません。 そこで、いわゆるデザイナーズといった独自のデザインを得意とする工務店や設計事務所に相談することで、他にはないオリジナルの一戸建てをつくることができます。 また、デザインだけでなく資材や設備なども外観にあわせて揃えてもらうこともできますので、イメージをカタチにするための自由度は無限に広がっています。

2.特徴のある土地でも対応可能

例えば傾斜のある土地や狭小地の場合、フレキシブルな対応が難しいこともありますが、デザイナーズのように一軒ごとにデザインする場合、クセのある土地を生かしたデザインなど、建売などではありえない工夫をしてくれることがあります。

3.予算に応じた提案をしてくれる

デザイナーズといえば費用が高くなるイメージがありますが、全体的なイメージと予算を伝えることで、デザイン重視にする代わりに資材や設備を安価なものにしてトータルコストを調整してもらうといったことも可能です。

 外観重視で一戸建てを建てるデメリット

1.事前の打ち合わせに時間がかかる

外観重視ということは、全体的なデザインはもちろん、外壁や細かな装飾、資材に至るまで相談しながら決めていくことになりますので、一般的な外観選びと比べて相応の時間がかかることは避けられません。 外観重視で一戸建てをつくるということは、予算と時間にある程度余裕がある方に限られるといっても良いでしょう。

2.実用性が犠牲になる可能性がある

全体的なバランスや統一性を重視する過程において、余計なものをそぎ落としたり、実用性が多少犠牲になるといったことも起こり得ます。 もし見た目のかっこよさよりも「機能美」にこだわるのであれば、事前に希望をデザイナーに伝えるようにしましょう。

3.デザイナーとの価値観・意見の食い違い

原則的にはオーナー側の希望をもとに、デザイナーがイメージを具現化していくわけですが、デザイナーにはそれぞれ得意とするテイストや独自の価値観があり、特に細かい仕様などで意見が食い違うこともあり得ます。 時間をかけて作り上げてきたものが途中でご破算になるといったことがないよう、できるだけ早い段階でデザイナーとの相性を見極めることも重要かもしれません。

まとめ

外観デザインを重視して一戸建てを建てるメリット・デメリットをまとめると、以下のようになります。

メリット

  1. 他にはないオリジナルデザインの家がつくれる
  2. 傾斜のある土地や狭小地でも対応可能
  3. 予算に応じた提案をしてくれる

デメリット

  1. 一般的な外観選びと比べて事前の打ち合わせに時間がかかる
  2. 実用性が犠牲になる可能性がある
  3. デザイナーと価値観・意見が食い違うことがあり得る

外観デザインにこだわりたいという方は、まずはできるだけ多くの施工事例を見て、イメージに近いものを探してみることが大事です。その上で、工務店や設計事務所に相談することをおすすめします。 家はまさに一生に一度の大きな買い物です。けっして後悔のないように、自分の想いをカタチにしてください。

友人に自慢したくなる!
オシャレすぎる
注文住宅を建てたいなら
この建築会社がおすすめ!

自慢したくなる注文住宅を建てるなら!こだわり別おすすめ建築会社3選

徳島のおすすめ注文住宅会社を
もっと詳しく見る