徳島のおすすめ注文住宅ガイド » こだわりで建てる!注文住宅家作りガイド » 自由設計で建てる一戸建て

自由設計で建てる一戸建て

このページでは、自由設計の一戸建てにはどんなメリット・デメリットがあるのかをまとめています。

一戸建てを自由設計で建てるメリット

1.注文住宅に比べて建築費用が安くなる

自由設計について知るには、注文住宅との違いを理解するのが最もわかりやすいと思います。 注文住宅は希望のデザインや間取り、設備の仕様を決めてから建築許可申請を出すのに対して、自由設計は間取りは変更できますが、キッチンやバスといった設備の仕様は建築会社指定のものに限られます。 つまり、建物の仕様がすでに決まっている分、注文住宅よりもはるかに安く、また建売と比べてもそれほど変わらない金額で家を建てることができるのです。

2.相場通りで土地が購入できる

自由設計と銘打って販売されている土地は、建築許可申請中のいわゆる「建築条件付売地」であり、水道負担金・高低差調整・ライフラインといった土地造成費はすでに建売業者が負担しています。 一方、注文住宅の場合は土地と建物は別になるので、上記費用は購入者の負担となることから、土地の購入についても概ね相場通りで購入することができます。

一戸建てを自由設計で建てるデメリット

1.自由に変更できるのは間取りのみ

自由設計という名前からある程度自由に変更できそうなイメージがありますが、変更できる範囲は間取りのみで、建物の仕様については一切変更できません。 また、間取りの変更ができるとはいっても、ロフトや吹き抜けは標準ではなく別途費用がかかる場合がほとんどです。 そもそも、注文住宅を手がけるハウスメーカーは、自由設計という言葉はあまり使いません。そのため、住まいに自分なりのこだわりや個性を求めるのであれば、自由設計では希望通りにはいかないと考えた方が無難です。

2.建築業者を自由に選べない

「建築条件付売地」とは、すでに建築業者が決まっている土地のことであり、好みの建築業者に別途デザインを依頼するといったことはできなくなります。 そのため、指定されている業者の中から、できるだけこちらの要望に応えてくれたり、耐震面などしっかりした技術をもった業者を吟味する必要があります。

まとめ

自由設計で一戸建てを建てるメリット・デメリットをまとめると、以下のようになります。

メリット

  1. 建物の仕様がすでに決まっている分、注文住宅よりもはるかに安い。
  2. 土地造成費はすでに建売業者が負担しており、相場通りで土地が購入できる。

デメリット

  1. 変更できる範囲は間取りのみで、建物の仕様については一切変更不可。
  2. 建築業者は指定された業者からしか選ぶことができない。

自由設計は注文住宅とは全く異なるものであり、いわば注文住宅と建売の中間に位置付けられます。 自由度という意味ではかなり制限がありますが、間取りの変更ができ、且つ注文住宅よりも低価格で家を建てられるというのは大きなメリットといえます。 「ある程度の自由度がほしい、でもできるだけ費用を抑えたい」そんな方であれば、自由設計の一戸建ては十分検討の余地があるのではないでしょうか。

思い通りの間取りにしたい!
自由設計ができる
おすすめの建築会社はこちら

自慢したくなる注文住宅を建てるなら!こだわり別おすすめ建築会社3選

徳島のおすすめ注文住宅会社を
もっと詳しく見る