徳島のおすすめ注文住宅ガイド » こだわりで建てる!注文住宅家作りガイド » ZEHで建てる一戸建て

ZEHで建てる一戸建て

ZEH(ゼッチ/ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、年間の一次エネルギー消費量の収支を0にすることを目的として、断熱性能の向上および高効率な設備を導入することで大幅な省エネを実現させ、且つ再生可能エネルギーを導入した住宅(一戸建て・マンション含む)のことをいいます。

このページでは、一戸建てをZEH化することでどんなメリット・デメリットがあるのかをまとめています。

一戸建てをZEH化するメリット

1.光熱費が安くなる

断熱性能が高ければ高いほど暖房費がかからなくなりますし、冷暖房を使用する際にも効率よく室温の調節ができます。さらに高効率な設備の導入によって、全体の光熱費を低く抑えることができます。

2.健康的な生活をサポートしてくれる

ZEH化された住宅は、一般的な住宅に比べて夏は涼しく冬は暖かになり、部屋ごとの温度差も小さくなります。 部屋ごとの温度差が大きいと、急な温度変化によって体に負担がかかりますし、血圧の変動によるヒートショックを起こす危険性もあります。 ZEH化はヒートショックの予防にも繋がるなど、健康的な生活をサポートしてくれるのです。

3.災害時にも役に立つ

蓄電池を導入した場合、昼に使わなかった電気を蓄電池に溜めて夜間に使うことができますので、電気代の節約になります。 さらに、万が一災害が発生した際、停電になっても蓄電されていれば数日はもつなど、災害対策としても効果が期待できます。

4.地球環境に優しい

普段の生活には直結しないかもしれませんが、ZEH化された住宅が増えることで火力発電所などの稼働率が下がり、温室効果ガスの削減など、地球温暖化の抑制にも貢献できます。

一戸建てをZEH化するデメリット

1.建築コストが高くなる

省エネ性能の高い設備の導入には相応の費用がかかるため、住宅を建てる際のコストが高くなります。 目安として最低でも約100万〜150万円はかかるといわれていますが、ZEH化については政府から補助金を受けることもできますし、何より毎月の光熱費を下げられるため、長い目で見れば費用は相殺できるかもしれません。

2.天候によって発電量が変わる

太陽光発電は、当然ながら天候によって発電量は変化しますし、日照時間の少ない冬は発電量が低くなり、売電収入を減ることになります。 なお、売電価格についても徐々に下がってきており、売電収入はあくまで臨時収入と考えておくべきでしょう。

まとめ

 一戸建てをZEH化するメリット・デメリットをまとめると、以下のようになります。

メリット

  1. 高い断熱性能と高効率の設備によって光熱費が安くなる。
  2. ヒートショックの予防など、健康的な生活をサポートしてくれる。
  3. 災害対策としても効果を発揮する。
  4. 地球温暖化の抑制にも貢献できる。

デメリット

  1. 設備の導入によって建築コストが高くなる。
  2. 発電量は天候や季節によって変化する。

ZEH化はあくまで予算との兼ね合いもありますが、長く住み続けることを考えた場合、導入メリットの方がはるかに大きいです。 また、日本政府は「2020年までにハウスメーカー等の建築する注文戸建住宅の過半数でZEHを実現する」という目標を掲げていることもあり、これから住宅購入をお考えであれば、ZEHは十分に検討する価値があるといえます。

時代はZEHでしょ!
省エネ住宅を建てられる
おすすめの建築会社はこちら

自慢したくなる注文住宅を建てるなら!こだわり別おすすめ建築会社3選

徳島のおすすめ注文住宅会社を
もっと詳しく見る